【FFRK】FF10凶++ミッション(シーモア:異体戦)をフレンドなしでマスクリしました【ミッション】

3時間かけた死闘のうえ、ミッションクリアになっていなかった時のガッカリ感www
(ミッションはティーダを含むXシリーズのみのパーティでした)
FFRK_mission_FF10_20170617_01.png


編成変えたあと、5回目くらいで勝てました。

パーティ編成


FFRK_mission_FF10_20170617_02.png



キャラクター&必殺技
キャラクターアビリティ1アビリティ2レコードマテリア必殺技
ティーダサファイアシュートオメガドライブ竜騎士の決意ジェクトシュート
ルールー連続ブリザガメルトン魔晄の力守りの羽(共通)
氷の微笑
ブラスカケアルガヘイスト癒しの願いII未使用
リュックハイアンフェイスブレイクフィーバーDr.モグの教えガードアップ(共通)
ユウナウルトラキュアーデスペル乱世の雷神祈り子の福音(バースト)


一定ダメージを与えないと【凶】メテオを使ってきますが、わりと与ダメージの基準が低いので防御よりの構成になりました。
攻撃が激しいので回復役とシェルガ役は別にして、デバフも踊りに。

バフは入れている余裕がないので、ティーダには攻撃力アップのレコードマテリアをつけました。


装備・アクセサリ


共通必殺は便利ですが、今回は魔法防御の影響が大きいので、かなり死にやすくなります。
魔法防御が低いルールーさんには、複数属性の耐性アクセサリをつけるなどして、なるべく死なないようにし
ました。

水攻撃が多かった気がするので、アクセサリは心もち水耐性多めにしました。
一度に全員が瀕死になると危ないので、なるべく軽減属性をバラすのもいいと思います。

ブラスカさんはせっかく超必殺技2つも持っているのに、終始ヘイストとケアルガだけで終わりましたorz


戦い方


開幕・ヘイスト配分


デスペル×ヘイスガ必殺なし=地獄。
ヘイストとケアルガの配分が大事でした。

1回目のデスぺルまではヘイスト重視。
ブラスカ→ユウナ→リュックの順番にかけてからケアルガで回復サポート。
アタッカーのヘイストはそれほど重要ではないので、2回発動でかかればいいなーぐらいです。

デスペルくらってからはケアルガ重視。
本当はユウナのバーストをデスペルに合わせて自己ヘイストをかけられれば楽だけど、そこまでHPが持たなかったので先読みでユウナにヘイストをかけました。

他の人にはヘイストをかけている余裕がないので、あとはずっとケアルガです。


リュックはハイアンフェイス→ガードアップ(共通)→ハイアンフェイス→ブレイクフィーバーの順で入れました。

ユウナは雷神レコードマテリアをつけていると、敵のプロテスを追い越しそうだったのでみてから入力しました。


デスペルのタイミング


敵のHPを一定まで減らすと敵がケアルラをして、そのあとにデスペルがくるので、タイミングは合わせやすいです。
2回目のデスペル以降、敵の攻撃スピードが上がるので、先読みでシェルガを入力しておかないと間に合いません。

1回目この辺。
FFRK_mission_FF10_20170617_05.png

2回目この辺。
FFRK_mission_FF10_20170617_06.png


【凶】メテオ


一定以上ダメージを与えないと飛んできます。

与ダメージは、ティーダが超必殺9999×3、サファイアシュートが6200×2、オメガドライブが3300×4。
ティーダをレジェンドダイブしていると、サファイアシュートがかなり2回発動するので、それでダメージを稼げました。


ルールーさんはバフなしの状態で連続ブリザガ5100×2、メルトン3700×3くらい。
途中からユウナバースト2で魔力バフがかかるので与ダメージはもう少し上がります。

最後にあまった必殺技ゲージで撃った超必殺は5500×4くらいでした。

【凶】メテオくらっても死にはしないし、(持っていれば)魔法バリアで回避もできるので、与ダメージは思ったより気にしなくても大丈夫でした。
中盤に1回だけくらいましたが、エンキドウで立て直しました。


2回目のデスペル後


2回目のデスペルのあとは、敵の攻撃スピードがやたら速くなります。

ブラスカさんはアタッカーが最後まで生き残っていられるように、ひたすらルールーさんにケアルガをしていました。


死闘すぎてスクリーンショット取っている余裕がなかったですw
FFRK_mission_FF10_20170617_03.png

FFRK_mission_FF10_20170617_04.png

この記事へのコメント